肥満の対策

最近の猫ブームを受け、猫をペットとして飼う人が増えてきました。猫は自由気ままな生き物ですが、一人でいることや留守番が得意な動物でもあり、室内で飼っている人が圧倒的に多くなっています。
himanneko7
それに加え、栄養たっぷりのキャットフードが影響してか、肥満気味の猫が増えています。
愛猫の肥満対策はどのように行えばいいのでしょうか。

肥満を知ろう

完全室内飼い、また総合栄養食と呼ばれる栄養豊富なキャットフードのためか、肥満気味の猫が増えているようです。肥満は猫にとって、決していいものとは言えません。肥満になるとさまざまな悪影響、また病気の心配が出てきます。肥満になるとこのような心配事が増えます。

・糖尿病などの生活習慣病を発症するリスクが高まる
・関節に負担がかかり関節炎のリスクが高まる
・心臓や呼吸器への負担が高まる

愛猫の体型を知ろう

飼い主は愛猫がかわいくて仕方ありません。そのため、ねだられるまま食事、おやつを与えてしまう人が多くいます。愛猫の体型、体重はどれくらいなのか、どのような基準をもって判断すればいいのかを知っておく必要があります。

猫はちっともじっとしてくれないため、なかなか体重をはからせてくれません。飼い主が抱きかかえはかる、もしくはつり下げ用スケールなどを活用するといいでしょう。
ペット専用の体重計も販売されています。

猫の種類にもよりますが、成猫の場合、どのような種類でもほとんどが3kgから5kg内におさまります。それ以下であれば痩せすぎ、それ以上であれば太りすぎということになります。

猫が肥満であるかどうか調べる方法のひとつに、BCS(ボディコンディショニングスコア)があります。これは飼い主が猫の体を触って確認するチェック方法です。BCSは1~5までにレベル分けされており、レベル4とレベル5は肥満であると考えられています。

猫のBMI値も定められていますが、猫の体の正確な採寸が必要なため、間違いもあります。
BCS方法が一番簡単でしょう。

対策にベストなキャットフードとは

肥満の解消の重要な項目のひとつに食事があげられます。摂取カロリーよりも消費カロリーが少ないため肥満になります寝ている時も脳や内臓を動かす生命維持活動である基礎代謝エネルギーも、年齢とともに減少してくるため、老猫も肥満に気を付けなければなりません。肥満対策のおすすめキャットフードはこのようなものが挙げられます。

肥満猫用療養食キャットフード

ダイエットを目的とし、低カロリーで栄養バランスが整ったキャットフードです。肥満予防のために摂取する必要はありませんが、適正体重を超えてしまった猫にはぴったりの食事メニューです。

魚メインのキャットフード

肉は猫にとって必要なタンパク源ですが、メインを魚に変えることによって良質な脂質を摂取することができ、さらにヘルシーです。

予防改善に効果的な成分とNG成分

肥満の予防、そして改善には食事から摂取する栄養成分が大きく関係してきます。毎日の食事は、愛猫の健康維持に大きな影響を与えることを自覚しておく必要があります。毎日積極的に摂取したい成分、そして摂取するべきでない成分はこのようになっています。

☆効果的な成分
・体脂肪を減少させるためのタンパク質と食物繊維
・痩せやすい体を作るビタミンとミネラル
・脂肪の燃焼を助けるLカルニチン

☆NG成分
・太りやすくなる炭水化物
・質の悪い脂質

脂質は必要不可欠な成分です。オメガ3脂肪酸のような必須脂肪酸が重要ですが、質の悪い油は肥満の原因となります。

愛猫が肥満になった飼い主さんの体験談

子猫を生ませる予定はなく、将来病気の予防をかねて、1歳になる前に避妊手術をしました。避妊手術をしてから、急に体重が増え始め、見てすぐに肥満であると気付きました。避妊手術をするとホルモンバランスの崩れで太りやすくなると聞いていましたので、これ以上太らないようにまずはキャットフードから変えました。

ダイエット用のキャットフードに変えても食いつきは変わらなかったのでとても助かりました。完全室内で飼育しているので、できるだけ一緒に遊んであげたり、おもちゃを買ったり、キャットタワーや猫が好きそうな生活環境にしてあげることを心がけました。少しお金はかかりましたが・・・。

おやつも低カロリーのものに。しばらくすると、お腹の部分や後ろ姿がすっきりしてきたようです。まだまだ太り気味だと思うので、私も一緒にダイエットに頑張ろうと思っています。

まとめ

肥満はカロリーの摂りすぎ、運動不足、年齢による基礎代謝の低下、ホルモンバランスの変化など、色々な理由で起こります。特に総合栄養食であるキャットフードは栄養満点のため、さらにおやつをあげるととても太りやすくなってしまいます。食事メニューの改善に加え、生活習慣を変えてあげるような工夫が必要です。