アレルギーの対策

まさに現代病とも称されるアレルギー。その昔はここまで多くのアレルギー患者はいなかったと言われていますが、さまざまな要因が絡み合い、この現代にはアレルギ―症状を訴える人が多くなりました。
kayuineko6
アレルギー症状に頭を悩ませているのは人間だけでなく、実は猫にも症状が現れるといいます。猫のアレルギー疾患とはどのようなものなのでしょうか。

猫のアレルギーを知ろう

私たち人間と同じように猫にもさまざまなアレルギー症状があるといいます。アレルギーとは、体の免疫抗体IgEが、外部から侵入してくる物質を有害と判断し、ヒスタミンを大量に放出することで起こる症状のことです。

アレルゲンとなるもの、そしてその症状はさまざまです。猫のアレルギーの原因となるアレルゲンはこれらのものが挙げられます。

・乳製品・肉類などのタンパク源となる食品
・ノミやダニ
・花粉
・ハウスダスト
・カーペット
・金属
・プラスチックなど

どのような症状が現れるのか、そして症状が現れた箇所はどのあたりかによって、どのようなアレルゲンに反応しているのかが想像できますが、確実なアレルゲンを確定するために、病院でアレルギー検査をしてもらうことをおすすめします。

アレルゲンが確定すると、そのアレルゲンへの接触を防ぐことで、愛猫の辛い症状を和らげることができます。

どのような症状が起こるのか

アレルギー症状は猫によってさまざまであり、現れる箇所も違います。ただし、命に関わるような症状が現れる場合があり、これをアナフィラキシーショックと言います。たかがアレルギーと楽観視せず、愛猫の様子をこまめに観察しておく必要があります。アレルギーの症状として、このようなものが挙げられます。

・かゆみを伴う湿疹
・脱毛
・咳
・フケが出る
・発熱
・下痢
・嘔吐

対策にベストなキャットフードとは

アレルギーの症状はさまざまであり、またその原因ともなっているアレルゲンも猫によって違うため、病院でアレルギー検査を受けるようにしましょう。その結果、愛猫がどのようなものに反応しているのか、それによってキャットフード選びにも違いが出てきます。

アレルギー対応キャットフード

食物アレルギーの場合、どのような食材に反応するのか、それによって、その食材を使用していないアレルギー用キャットフードを選びます。病院で診てもらうと、紹介してくれる場合があります。

主原料にラム肉や魚を使用したキャットフード

アレルギーが出やすいタンパク源は肉です。肉の中でも牛肉や鶏肉に反応する場合が多いと言われています。そんな肉の中でも、ラム肉は反応があまり多くなく、また魚もアレルギーが起こりにくいとのこと。

グレインフリー

グレインフリーとは穀物を使用していないということ。麦やトウモロコシはアレルギーが起りやすいため、それらを使用していないキャットフードがおすすめです。

予防改善に効果的な成分とNG成分

アレルギーは完治することはないと言われています。ですが、予防をしたり、その症状を緩和することはできます。そのために必要な成分と、そうでない成分はどのようなものでしょうか。

☆効果的な成分
・皮膚の炎症を抑えるオメガ3脂肪酸
・皮膚の健康を保つビタミンCと亜鉛
・バリア機能を高めるビタミンB群

☆NG成分
・安価なキャットフードに含まれる添加物成分

安価なキャットフードには、着色料や保存料、酸化防止剤などさまざまな添加物成分が含まれています。アレルギーを持っている猫にはこれらの成分はとても危険です。品質のいいキャットフードを与えてあげてください。

愛猫がアレルギーになった飼い主さんの体験談

ある日急に皮膚がただれたようになり、かさぶたができはじめました。
かなりひどい状態で、痒がってかいてしまうので、さらにひどくなるという悪循環でした。
まだ2歳で避妊手術も済ませており、なにかの病気にかかるとは思っていませんでしたが、病院へ連れていきました。

アレルギー症状であると言われましたが、アレルゲンが特定できず、抗ヒスタミン薬をもらい帰宅。薬を飲ませていると徐々に良くなってきました。とりあえず食事はアレルギー専用の療養食にすぐに変更しました。

清潔な環境での飼育もとても大切らしく、掃除はかなり徹底して行っています。痒がるのでなかなか長期戦になりそうですが、症状も少しずつ良くなってきたので、もう少し頑張ってみようと思っています。

まとめ

アレルギーの猫が増加しているとのこと。その症状はさまざまですが、主に皮膚に湿疹や赤み、かさぶたなどが現れ、痒がることが多いようです。

アレルギーは完治することはないと言われ、飼い主さんもその世話に疲れてしまうこともあるようですが、アレルギー反応がひどくなるとアナフィラキシーショックを起こす危険性もあるため、十分な観察が必要です。与える食事の変更と清潔を保つことがとても重要。