糖尿病の対策

糖尿病は自覚症状が乏しいため、サイレントキラーと呼ばれているほど恐ろしい病気。進行すると命の危険さえあるというこの糖尿病から愛猫を守るためにはどのような食事対策があるのでしょうか。家庭でできる愛猫の糖尿病対策について見ていきましょう。
nekonote3

糖尿病を知ろう

糖尿病という名前はとても有名なため、誰しも聞いたことがある名前だと思います。私たち人間もかかりやすい生活習慣病のひとつで、現代病とも言われている病気です。糖尿病は人間だけでなく、動物もかかりやすい病気だということをご存じでしょうか。

糖尿病とはインスリンというホルモンが本来の働きをしなくなったことで、血液の中に糖があふれ出し、血糖値が大幅にアップしてしまう病気です。この状態を高血糖状態と言います。

食事により糖を摂取しますが、糖は体を動かすための大切なエネルギー源です。本来であれば、糖は体のあちこちに運ばれ、細胞内でエネルギーに変換され消費されます。これらの動きをサポートしているのがインスリンなのです。

どのような症状が起こるのか

糖尿病はサイレントキラーと呼ばれるほどあまり自覚症状がない病気であると言われ、症状に気が付いた時には、すでにかなり進行している状態であることが多いため、日頃からの体調チェックがとても大切であると言えます。猫の糖尿病と疑われる症状とはこのようなものが挙げられます。

・水をかぶかぶ飲む
・食欲が急激にアップする
・食欲があるのに痩せていく
・何度もおしっこに行く
・腹部がはれる
・ふらつく
・意識障害

このような症状が現れると糖尿病の可能性があります。猫はあまり水を飲まない動物にも関わらず、水を良く飲むようになり、また痩せていくなどの症状が見て取れるようになると危険です。

対策にベストなキャットフードとは

猫の糖尿病対策に効果を発揮するキャットフードはこのようなものが挙げられます。

糖尿病専用のキャットフード

糖尿病にかかってしまった猫専用のキャットフードが販売されています。インスリンの分泌を促したり、血糖値が急激に上昇しないように工夫されたキャットフードです。

グレインフリーでヒューマングレード

最近話題のグレインフリー。私たち人間の世界でもグレインフリー食がとても人気です。
グレインフリーとは穀物不使用という意味。穀物は糖がとても多く、糖尿病にはあまりいい影響を与えないため、穀物の入っていないキャットフードがおすすめ。また人間が食べても問題ない品質であるヒューマングレートのものが安心です。

低カロリーで高タンパク

猫にとって、タンパク質は主要栄養素です。猫本来の食形態を取り戻し、肥満の予防のために低カロリーの食事。これが糖尿病を予防するために大切なことです。

予防改善に効果的な成分とNG成分

猫の糖尿病予防に効果的な成分、またその逆で悪化させてしまう成分があります。それらの成分はこのようになっています。

☆効果的な成分
・腸での糖の吸収を緩やかに抑える食物繊維
・エネルギー代謝をアップさせるL-カルニチン
・糖をエネルギーに変えるビタミンB群

糖尿病を予防、改善する成分は、代謝機能をアップさせてエネルギー消費を促進させるものが多く、糖尿病の原因となる肥満を防げるものが挙げられています。その逆で、あまりいい影響を与えないと言われている成分はこちら。

☆NG成分

血糖値を挙げる糖質

糖質の摂取は糖尿病を患っている猫にとって致命傷です。糖質の低い食材、いわゆる低GI値のものを選んであげる必要があります。ヘルシーという印象のある野菜でも、芋類や人参、とうもろこしなどはGI値の高い野菜です。注意しなければなりません。

脂質

脂質は健康維持のために必要ですが、摂りすぎには注意しなければなりません。それは糖尿病引き起こしやすい肥満になってしまうからです。脂質を摂取する場合は、オメガ3系の脂質を選んで摂取するようにしましょう。

愛猫が尿路結石になった飼い主さんの体験談

実家で飼っている猫が糖尿病だと診断されました。結婚前は私が世話をしていたのですが、結婚し家を出てから母に世話を任せていました。オス猫で、すでに10歳の高齢でしたので、なんらかの病気は持っているかと思っていたのですが・・・

実家に帰った時に、かなり痩せていることに気付き病院に。尿検査の結果糖尿病だそうで、インスリン治療を行うことになりました。母が食事代をケチるために、穀物がたっぷりの激安キャットフードを与えていたようです。そのせいかどうかは分かりませんが・・・

現在はインスリン治療に加え、病院の先生に勧められた糖尿病用の療養食で随分と良くなりました。水分補給も重要で、いつでも水が飲めるように新鮮な水をたっぷりと用意しています。完全室内飼育なので、運動ができるよう、キャットタワーやおもちゃなど、適度な運動をさせるように心がけています。

まとめ

糖尿病は人間だけでなく、猫にとってもとても恐ろしい病気。肥満気味の猫や、高齢猫に起こりやすいと言われています。猫は体質的に糖質の摂取には適していないため、糖尿病にかかりやすいのではという説があり、注意が必要です。

初期にはあまり自覚症状がないため、気付いた時にはかなり進行しているという場合も。そうならないため、毎日の食事には十分に注意する必要があります。