尿路結石の対策

尿路結石を知ろう

尿路結石は、膀胱や尿道、尿管など、尿の通り道に小さな石が発生してしまう症状です。
nekosuna2
その小さな石の正体はある成分のかたまり。このような尿路結石を含む泌尿器科系の病気を、猫下部尿路疾患(FLUTD)と呼んでいます。尿路結石は、石の原因となる成分によっていくつかに分けられています。

マグネシウム成分のストルバイト尿結石

ストルバイト尿結石はマグネシウムの摂取過多によって、尿のPHバランスが崩れ、アルカリ性に傾くことで、ミネラル成分が結晶化することが原因です。1歳~6歳の成猫期の猫に見られることが多い病気です。

カルシウム成分のシュウ酸カルシウム尿結石

シュウ酸カルシウム尿結石はカルシウムの摂取過多によって、尿のPHバランスが崩れ、酸性に傾くことで、ミネラル成分が結晶化することが原因です。7歳以上の老猫期の猫に見られることが多い病気です。

どのような症状が起こるのか

尿路結石にかかると、猫にさまざまな症状が出始めます。その主な症状はこのようになっています。

・尿が出ない
・尿に血が混じる
・何度もおしっこに行く
・出た尿に光っている結石が見える
・おしっこの際に痛がって鳴く
・何度も気にするようになめる

このような症状が現れたら尿路結石の可能性があります。結石がつまってしまうと尿が出なくなり、膀胱炎や尿毒症などの病気、また命の危険さえあるため、素早い処置が必要になります。

対策にベストなキャットフードとは

尿路結石にかかってしまったら、またかからないように予防するには食事に注意しなければいけません。尿路結石に効果的なキャットフードや成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

尿路結石改善用のキャットフード

尿路結石はカルシウムやマグネシウムの結晶ができることによって起こる病気ですが、この結晶を溶かす働きのある専用のキャットフードです。

予防効果のあるキャットフード

尿路結石は一度起こってしまうと、何度も再発しやすい病気です。すでに症状は治まったけれど、そのまた再発しないように予防できるキャットフードで、ストルバイト尿結石、シュウ酸カルシウム尿結石どちらにも対応できるようになっています。塩分が控えめであることも特徴のひとつです。

ウェットフード

尿路結石の原因のひとつに、水分不足が挙げられます。猫は水分補給が苦手な動物のため、どうしても尿路結石になりやすくなります。ドライフードばかりでなく、水分量の多いウェットフードを適度に組み込んであげるといいでしょう。

予防改善に効果的な成分とNG成分

尿路結石を予防したり、また症状を和らげることにとても効果を発揮する成分があります。
それはこれらの成分です。

☆効果的な成分
・抗酸化作用のあるDHAやEPAのオメガ3脂肪酸
・膀胱炎を予防するキナ酸
・尿のPHバランスを調整するメチオニン
・尿を出しやすくするクエン酸

これらの成分を積極的に摂取すると、尿路結石対策になると言われています。尿路結石改善用のキャットフードには、これらの成分が配合されていることが多いです。

尿路結石の予防改善のために積極的に摂取したい成分があれば、もちろんその逆の成分も存在します。あまり良くないとされている成分はこれら。

☆NG成分
・マグネシウム
・カルシウム

マグネシウムとカルシウムは尿路結石の結晶になる二大成分です。これらは必須ミネラルでもあり、健康維持のために必要不可欠な成分。決して全く摂取しなくてもいいというわけではありません。摂取しすぎないことと、これらふたつの成分のミネラルバランスが特に重要になってきます。

愛猫が尿路結石になった飼い主さんの体験談

我が家の猫も尿路結石になりました。6歳のオスです。
何度もトイレに行き始め気になっていました。トイレの様子をそっと見に行くと、何度もトイレに行く割には尿がポトポトと落ちるくらいしか出てなく、明らかにおかしいと思い病院へ行きました。

尿毒症を発症しているかもしれないとのことで、カテーテルを入れ詰まりかけた尿道をきれいにしてもらいました。溜まっていた尿を見せてもらいましたが、結晶のようなものが見てとれました。

猫は水分不足になりやすいとのことで、特に素材の良くない安価なドライフードはダメだそうです。水分をできるだけ摂らせる、食事はPHバランスを整えるキャットフードに変えたところ、その後症状はでなくなりました。

飲み水やトイレが清潔でないと尿路結石になりやすくなるとも聞いたので、それからは清潔な飲み水、そしてトイレをこまめに掃除してあげるようにしました。

まとめ

尿路結石は、猫に多い泌尿器科系疾患のひとつです。なかでも長毛のオス猫に多いとされているため、それらの種類の猫を飼っている人は特に注意してあげる必要があります。放っておくとさまざまな合併症を引き起こし、外科的手術が必要になり、かなりの治療費もかかります。

おかしいと思ったらすぐに病院へ行き、自宅では尿路結石にになりにくいとされるキャットフードに変更してあげてください。この病気の原因のひとつに水が挙げられます。水分を十分に摂取できるような環境を整えてあげることも大切です。