肝臓病の対策

肝臓は代謝機能や解毒機能、貯蔵機能などさまざまな働きを持った重要な臓器です。ですが、なんらかの原因により、肝臓にもトラブルが現れることがあります。
taberuneko5
肝臓の病気はサイレントキラーと呼ばれ、肝臓自身も沈黙の臓器と呼ばれるほど表に症状が現れにくいことが特徴。そのため、日頃からの対策をしっかりと行い、愛猫の健康を守ってあげましょう。

肝臓病を知ろう

肝臓は食事から摂取した栄養素を代謝する働き、エネルギー源を貯蔵する働き、有毒物質を解毒する働き、血液を凝固させる働き、消化吸収を助ける働きなど、さまざまな働きを持っている臓器です。肝臓病と言われる病気には色々と種類がありますが、代表的な肝臓病はこのようなものが挙げられます。

胆管肝炎

胆のうと肝臓をつなぐ胆管が炎症を起こす病気。細菌感染が主な原因。ある程度年齢を重ねた、肥満気味の猫の多いとされる。

肝炎・肝硬変

肝炎を進行させこじらせたものが肝硬変。肝炎は細菌やウィルス、寄生虫などさまざまな要因によって引き起こされ、肝炎が重症化すると、細胞壊死が始まり肝臓が硬くなる。この状態が肝硬変。

脂肪肝

その名の通り、肝臓に脂肪が蓄積され、肝臓本来の働きができなくなる病気。代謝異常が原因で起こり、食事や肥満などが原因とされる。

どのような症状が起こるのか

胆管肝炎

食欲の低下、嘔吐、下痢、黄疸などの症状が出る。

肝炎・肝硬変

食欲の低下、体重の減少、嘔吐、下痢、黄疸、腹水などの症状が出る。進行すると肝硬変となり、強い黄疸、腹部が硬くなり腫れる、腹水などの症状へと変化。

脂肪肝

便秘、下痢、嘔吐、黄疸、体重の減少や脱水症状などが出る。

肝臓病の特徴として、症状が顕著に表れ始めると、すでにだいぶ進行している状況であると考えられます。そのため、予防策はとても重要であると言えます。

対策にベストなキャットフードとは

肝臓病の予防、そして改善には毎日の食事からケアしていくことが大切です。おすすめのキャットフードはこのようなものが挙げられます。

肝臓病改善専門キャットフード

肝臓病にかかりやすい、またはかかってしまった猫用のキャットフードです。消化のいいタンパク質が豊富で尿のPHバランスを整える、また肝臓に負担がかかる成分を排除し、食欲がなく少ない量の食事しかとれなくても、栄養をしっかりと摂取できるようになっています。

毒素アンモニアを排除

アンモニアは肝臓に負担をかける毒素のため、肝臓病を抱える猫には取り除いてあげたい物質のひとつ。有害物質を体外へと排出させることができるキャットフードを選んでください。

予防改善に効果的な成分とNG成分

☆効果的な成分
・消化性タンパク質
・有害物質を排出する食物繊維
・肝臓のダメージを減少させる亜鉛・DHAやEPA

タンパク質は肉食の猫にとってとても重要な栄養成分です。必要な栄養素のほとんどはタンパク質が占めていますが、肝臓病の猫の場合、質の悪いタンパク質は負担になっていまいます。消化性のある良質なタンパク質がおすすめです。

☆NG成分
・症状が進行した猫に多い腹水をたまりやすくしてしまうナトリウム
・肝臓に負担を与える銅

肝臓は、銅を蓄積しやすい臓器であると言われています。そのため、必須ミネラルである銅でさえ摂りすぎると良くないのです。

愛猫ががんになった飼い主さんの体験談

5歳のオス猫です。急に体重が落ち始め、4kgほどあった体重が2kgにまで落ちてしまいました。慌てて病院へとかけこみました。

血液検査をすると、数値がとんでもないことになっており、黄疸も出ていたそうです。胆管肝炎症であると言われました。正直体重が落ち始めるまでまったく気が付かずに、飼い主としてとても恥ずかしくなって、本当に申し訳ないと思いました。

点滴や抗生物質の投与を行い、自宅に帰ってきました。食欲がなく、なかなか食べてくれなかったため、ドライフードから食べやすいウェットフードに変えました。キャットフードは肝臓病用のフードに。はじめは食べても吐いてしまいとても心配しましたが、2週間ほど経った今、吐かずに食べてくれるようになって一安心です。

まとめ

肝臓は沈黙の臓器であると言われるほど、その初期には全く症状が出ないと言われています。気が付いた時にはかなり進行している場合があり、こまめに健康診断を受ける必要があります。

猫に必要であるタンパク質も、その種類によっていい面と悪い面があるということが重要。
必要成分を間違ってしまうと、さらに肝臓に負担がかかってしまうため注意しなければなりません。